チェーン店の販売効率向上には必須!店舗調査の方法と効果を具体例を挙げて詳細に解説します

このサイトでは、飲食店から商業施設などのチェーン店で効率よく販売向上をおこなう方法を見ていきます。
それを可能としているのが店舗調査であり、いまでは外部の専門会社を利用されるケースが多くなりました。
基本的には対象となる店の責任者には事前に知らせないので、実際の営業スタイルを把握することが可能です。
得られる効果、そして行うチェックを具体的に解説をしていくので、はじめて実施をなさる方の参考になれば幸いです。

チェーン店の販売効率向上には必須!店舗調査の方法と効果を具体例を挙げて詳細に解説します

店舗調査の方法は大きくわけて、2パターン存在をしています。
ひとつは自社で責任者が現地に赴いて店舗調査をするものです。
そして現在主流なのが外部の専門会社に委託をするもので、覆面調査員という方が対象店舗に足を運んで各項目のチェックをおこないます。
こちらの場合、限りなく普段通りの営業スタイルのなかで店舗調査をなされるので、正確な接客スタイル・提供されているサービスを把握することが可能です。
アンケート形式の方法で実行される調査です。

店舗調査が販売効率向上に役立つ理由

店舗を運営する本部の他、経営者として店舗展開をしている方は、店舗調査を専門会社に依頼をすることで、後に販売効率の向上に成功できる可能性が高まります。
世間では覆面調査などと呼ばれることがありますが、専門会社側で雇用をしたスタッフによって店舗調査が行われ、事前に確認すべき項目を明確化しておくことで役立つ回答を集計することができます。
この店舗調査が売り上げに影響を齎す理由は、プラスポイントだけではなくマイナスポイントに目を向けることができることをあげられます。
分かりやすい内容では販売員の態度が悪い、声が小さい、感謝の言葉が無いなどチェック項目は沢山あり、同時に店舗内の商品の陳列状態や欠品している什器のスペースが多いこと、床面が汚れていて目立っているなど問題はいくつも見つかる可能性があります。
プラスポイントは更に質を上げる方法と、マイナスポイントは店内スタッフに徹底指導を行うなど、改善すべき点を第三者の視線で判断されるので、販売効率向上を狙うには店舗調査は役立ちます。

店舗調査を行う際の準備で重要なポイント

店舗調査を行う際、準備で重要なポイントがあります。
というかこの段階こそが店舗調査で最も大事と言っても差し支えありません。
何が大事かと言えば、調査では確認すべき項目が予め指定されています。
これを読み込み、できる限り頭の中に記憶しておくことが欠かせません。
言い換えると、このような記憶作業を全く行わず、ただ指定された項目リストをプリントアウトするとか、あるいはスマートホンの画面に取り込むなどしてふらりと店舗に出かけるのは適切な行動ではないということです。
店舗内での行動がどのようになるかちょっと想像してみてください。
数件程度の確認項目ならばまだしも、それよりも遥かに多い数のチェックポイントについて、1件1件プリントアウトされたメモとかスマートホンの画面を見ていてはどうでしょう。
明らかに普通のお客さんの行動とは異なったものになってしまいます。
これでは店員に不審に思われてしまい、普段の状態を確認することにはなりません。

店舗調査が企業に緊張感を与える理由

人間は慣れてくると緊張感が無くなり、ミスを誘発したり態度に問題が出てしまうことがあります。
特に店舗業務では顧客に直接接することから、これらの問題が発生すれば致命的で、常連客が離れてしまうことがあれば大きな痛手となります。
顧客の口コミや噂は瞬く間に広がり、あの店は従業員の接客が悪いというイメージが付いてしまえばなかなか消えず、新規顧客の獲得は困難です。
そんな中で、いつ抜き打ちの店舗調査が実施されるか分からないという状況なら、企業の中で常に誰かに見られているかもしれないという緊張感を与え、それは接客態度にも表れて顧客満足度の向上に大きく寄与します。
それにより、顧客にまたこのお店を利用してみたいという気持ちにさせることに成功すれば好循環が生まれ、売り上げが向上すること間違いありません。
素敵な店舗や優れた商品の提供など全てが揃っているのに売り上げがもうひとつだと感じたら、店舗調査を導入して改善し、ビジネスを成功させる事例が増えています。

店舗調査で従業員教育を行う方法とは

店舗調査は一般のお客様に店舗を訪れた感想を募ったり、あるいは専門の調査会社などに店舗イメージを判定してもらう方法が一般的となっています。
そのため、非常に厳しい指摘が寄せられることも多いのですが、これをそのまま鵜呑みにして従業員に指摘するような形になると、モチベーションを下げてしまうことになるため十分に注意をすることが必要です。
店舗調査の結果をそのまま伝えながら、具体的な改善点などをわかりやすく指摘することが良い方法となります。
また調査結果の中には良いと思われる部分も数多く存在しているので、この点は漏れなく伝えることが良いものです。
モチベーションを保ちつつ様々な改善点を指摘し、またその効果を具体的に述べることが良い指導方法となっています。
店舗調査の結果は様々な主観も含まれているので、その結果が全て正しいわけではありません。
このことを十分に認識しながら、改善点を明確に指摘し、働きやすい環境を作ることがポイントです。